山嵐が出頭した

 それから山嵐が出頭した。山嵐の鼻に至っては、紫色《むらさきいろ》に膨張《ぼうちょう》して、掘《ほ》ったら中から膿《うみ》が出そうに見える。自惚《うぬぼれ》のせいか、おれの顔よりよっぽど手ひどく遣《や》られている。おれと山嵐は机を並べて、隣り同志の近しい仲で、お負けにその机が部屋の戸口から真正面にあ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:20 pm  

あくる日|眼《め》が覚めてみると

[#5字下げ]十一[#「十一」は中見出し]

 あくる日|眼《め》が覚めてみると、身体中《からだじゅう》痛くてたまらない。久しく喧嘩《けんか》をしつけなかったから、こんなに答えるんだろう。これじゃあんまり自慢《じまん》もできないと床《とこ》の中で考えていると、婆《ばあ》さんが四国新聞を持ってきて枕元...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:19 pm  

喧嘩は今が真最中《まっさいちゅう》である

 山嵐は世話の焼ける小僧だまた始めたのか、いい加減にすればいいのにと逃げる人を避《よ》けながら一散に馳《か》け出した。見ている訳にも行かないから取り鎮《しず》めるつもりだろう。おれは無論の事逃げる気はない。山嵐の踵《かかと》を踏んであとからすぐ現場へ馳けつけた。喧嘩は今が真最中《まっさいちゅう》であ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:19 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0136 sec.

http://ic-24.jp/