用心のために取っておく言葉

「なにこれは喧嘩《けんか》のときに使おうと思って、用心のために取っておく言葉さ。演舌となっちゃ、こうは出ない」「そうかな、しかしぺらぺら出るぜ。もう一遍やって見たまえ」「何遍でもやるさいいか。――ハイカラ野郎のペテン師の、イカサマ師の……」と云いかけていると、椽側《えんがわ》をどたばた云わして、...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:14 pm  

四方が急に賑《にぎ》やかになった

 そのうち燗徳利《かんどくり》が頻繁《ひんぱん》に往来し始めたら、四方が急に賑《にぎ》やかになった。野だ公は恭しく校長の前へ出て盃《さかずき》を頂いてる。いやな奴だ。うらなり君は順々に献酬《けんしゅう》をして、一巡周《いちじゅんめぐ》るつもりとみえる。はなはだご苦労である。うらなり君がおれの前へ来て...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:13 pm  

思わず手をぱちぱちと拍《う》った

 赤シャツが座に復するのを待ちかねて、山嵐がぬっと立ち上がったから、おれは嬉《うれ》しかったので、思わず手をぱちぱちと拍《う》った。すると狸を始め一同がことごとくおれの方を見たには少々困った。山嵐は何を云うかと思うとただ今校長始めことに教頭は古賀君の転任を非常に残念がられたが、私は少々反対で古賀君が...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:12 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0164 sec.

http://ic-24.jp/