[ カテゴリー » 日 記 ]

あくる日|眼《め》が覚めてみると

[#5字下げ]十一[#「十一」は中見出し]

 あくる日|眼《め》が覚めてみると、身体中《からだじゅう》痛くてたまらない。久しく喧嘩《けんか》をしつけなかったから、こんなに答えるんだろう。これじゃあんまり自慢《じまん》もできないと床《とこ》の中で考えていると、婆《ばあ》さんが四国新聞を持ってきて枕元...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:19 pm  

喧嘩は今が真最中《まっさいちゅう》である

 山嵐は世話の焼ける小僧だまた始めたのか、いい加減にすればいいのにと逃げる人を避《よ》けながら一散に馳《か》け出した。見ている訳にも行かないから取り鎮《しず》めるつもりだろう。おれは無論の事逃げる気はない。山嵐の踵《かかと》を踏んであとからすぐ現場へ馳けつけた。喧嘩は今が真最中《まっさいちゅう》であ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:19 pm  

歌はすこぶる悠長《ゆうちょう》なもの

 歌はすこぶる悠長《ゆうちょう》なもので、夏分の水飴《みずあめ》のように、だらしがないが、句切りをとるためにぼこぼんを入れるから、のべつのようでも拍子《ひょうし》は取れる。この拍子に応じて三十人の抜き身がぴかぴかと光るのだが、これはまたすこぶる迅速《じんそく》なお手際で、拝見していても冷々《ひやひや...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:18 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0557 sec.

http://ic-24.jp/