四方が急に賑《にぎ》やかになった

 そのうち燗徳利《かんどくり》が頻繁《ひんぱん》に往来し始めたら、四方が急に賑《にぎ》やかになった。野だ公は恭しく校長の前へ出て盃《さかずき》を頂いてる。いやな奴だ。うらなり君は順々に献酬《けんしゅう》をして、一巡周《いちじゅんめぐ》るつもりとみえる。はなはだご苦労である。うらなり君がおれの前へ来て、一つ頂戴致しましょうと袴のひだを正して申し込まれたから、おれも窮屈にズボンのままかしこまって、一|盃《ぱい》差し上げた。せっかく参って、すぐお別れになるのは残念ですね。ご出立《しゅったつ》はいつです、是非浜までお見送りをしましょうと云ったら、うらなり君はいえご用|多《おお》のところ決してそれには及《およ》びませんと答えた。うらなり君が何と云ったって、おれは学校を休んで送る気でいる。 それから一時間ほどするうちに席上は大分乱れて来る。まあ一|杯《ぱい》、おや僕が飲めと云うのに……などと呂律《ろれつ》の巡《まわ》りかねるのも一人二人《ひとりふたり》出来て来た。少々|退屈《たいくつ》したから便所へ行って、昔風な庭を星明りにすかして眺《なが》めていると山嵐が来た。どうださっきの演説はうまかったろう。と大分得意である。大賛成だが一ヶ所気に入らないと抗議《こうぎ》を申し込んだら、どこが不賛成だと聞いた。「美しい顔をして人を陥れるようなハイカラ野郎は延岡に居《お》らないから……と君は云ったろう」「うん」「ハイカラ野郎だけでは不足だよ」

「じゃ何と云うんだ」「ハイカラ野郎の、ペテン師の、イカサマ師の、猫被《ねこっかぶ》りの、香具師《やし》の、モモンガーの、岡っ引きの、わんわん鳴けば犬も同然な奴とでも云うがいい」「おれには、そう舌は廻らない。君は能弁だ。第一単語を大変たくさん知ってる。それで演舌《えんぜつ》が出来ないのは不思議だ」

— posted by id at 03:13 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.3398 sec.

http://ic-24.jp/