うらなり君の送別会

[#5字下げ]九[#「九」は中見出し]

 うらなり君の送別会のあるという日の朝、学校へ出たら、山嵐《やまあらし》が突然《とつぜん》、君先だってはいか銀が来て、君が乱暴して困るから、どうか出るように話してくれと頼《たの》んだから、真面目《まじめ》に受けて、君に出てやれと話したのだが、あとから聞いてみると、あいつは悪《わ》るい奴《やつ》で、よく偽筆《ぎひつ》へ贋落款《にせらっかん》などを押《お》して売りつけるそうだから、全く君の事も出鱈目《でたらめ》に違《ちが》いない。君に懸物《かけもの》や骨董《こっとう》を売りつけて、商売にしようと思ってたところが、君が取り合わないで儲《もう》けがないものだから、あんな作りごとをこしらえて胡魔化《ごまか》したのだ。僕はあの人物を知らなかったので君に大変失敬した勘弁《かんべん》したまえと長々しい謝罪をした。 おれは何とも云わずに、山嵐の机の上にあった、一銭五|厘《りん》をとって、おれの蝦蟇口《がまぐち》のなかへ入れた。山嵐は君それを引き込《こ》めるのかと不審《ふしん》そうに聞くから、うんおれは君に奢《おご》られるのが、いやだったから、是非返すつもりでいたが、その後だんだん考えてみると、やっぱり奢ってもらう方がいいようだから、引き込ますんだと説明した。山嵐は大きな声をしてアハハハと笑いながら、そんなら、なぜ早く取らなかったのだと聞いた。実は取ろう取ろうと思ってたが、何だか妙《みょう》だからそのままにしておいた。近来は学校へ来て一銭五厘を見るのが苦になるくらいいやだったと云ったら、君はよっぽど負け惜《お》しみの強い男だと云うから、君はよっぽど剛情張《ごうじょうっぱ》りだと答えてやった。それから二人の間にこんな問答が起《おこ》った。「君は一体どこの産だ」「おれは江戸《えど》っ子だ」「うん、江戸っ子か、道理で負け惜しみが強いと思った」「きみはどこだ」「僕は会津《あいづ》だ」「会津っぽか、強情な訳だ。今日の送別会へ行くのかい」「行くとも、君は?」

— posted by id at 03:10 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2175 sec.

http://ic-24.jp/