婆さんはだまって引き込んだ

 婆さんはだまって引き込んだ。爺《じい》さんは呑気《のんき》な声を出して謡《うたい》をうたってる。謡というものは読んでわかる所を、やにむずかしい節をつけて、わざと分らなくする術だろう。あんな者を毎晩|飽《あ》きずに唸《うな》る爺さんの気が知れない。おれは謡どころの騒《さわ》ぎじゃない。月給を上げてやろうと云うから、別段欲しくもなかったが、入らない金を余しておくのももったいないと思って、よろしいと承知したのだが、転任したくないものを無理に転任させてその男の月給の上前を跳《は》ねるなんて不人情な事が出来るものか。当人がもとの通りでいいと云うのに延岡|下《くんだ》りまで落ちさせるとは一体どう云う了見《りょうけん》だろう。太宰権帥《だざいごんのそつ》でさえ博多《はかた》近辺で落ちついたものだ。河合又五郎《かあいまたごろう》だって相良《さがら》でとまってるじゃないか。とにかく赤シャツの所へ行って断わって来なくっちあ気が済まない。 小倉《こくら》の袴《はかま》をつけてまた出掛けた。大きな玄関へ突《つ》っ立って頼むと云うと、また例の弟が取次に出て来た。おれの顔を見てまた来たかという眼付《めつき》をした。用があれば二度だって三度だって来る。よる夜なかだって叩《たた》き起《おこ》さないとは限らない。教頭の所へご機嫌伺《きげんうかが》いにくるようなおれと見損《みそくな》ってるか。これでも月給が入らないから返しに来《きた》んだ。すると弟が今来客中だと云うから、玄関でいいからちょっとお目にかかりたいと云ったら奥《おく》へ引き込んだ。足元を見ると、畳付《たたみつ》きの薄っぺらな、のめりの駒下駄《こまげた》がある。奥でもう万歳《ばんざい》ですよと云う声が聞《きこ》える。お客とは野だだなと気がついた。野だでなくては、あんな黄色い声を出して、こんな芸人じみた下駄を穿《は》くものはない。 しばらくすると、赤シャツがランプを持って玄関まで出て来て、まあ上がりたまえ、外の人じゃない吉川君だ、と云うから、いえここでたくさんです。ちょっと話せばいいんです、と云って、赤シャツの顔を見ると金時のようだ。野だ公と一杯《いっぱい》飲んでると見える。

— posted by id at 03:07 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1677 sec.

http://ic-24.jp/