お婆さんは公平でいい

「お婆さん古賀さんは日向へ行くそうですね」「ほん当にお気の毒じゃな、もし」「お気の毒だって、好んで行くんなら仕方がないですね」「好んで行くて、誰がぞなもし」「誰がぞなもしって、当人がさ。古賀先生が物数奇に行くんじゃありませんか」「そりゃあなた、大違いの勘五郎《かんごろう》ぞなもし」「勘五郎かね。だって今赤シャツがそう云いましたぜ。それが勘五郎なら赤シャツは嘘つきの法螺右衛門《ほらえもん》だ」「教頭さんが、そうお云いるのはもっともじゃが、古賀さんのお往《い》きともないのももっともぞなもし」「そんなら両方もっともなんですね。お婆さんは公平でいい。一体どういう訳なんですい」「今朝古賀のお母さんが見えて、だんだん訳をお話したがなもし」「どんな訳をお話したんです」「あそこもお父さんがお亡くなりてから、あたし達が思うほど暮《くら》し向《むき》が豊かになうてお困りじゃけれ、お母さんが校長さんにお頼みて、もう四年も勤めているものじゃけれ、どうぞ毎月頂くものを、今少しふやしておくれんかてて、あなた」「なるほど」「校長さんが、ようまあ考えてみとこうとお云いたげな。それでお母さんも安心して、今に増給のご沙汰《さた》があろぞ、今月か来月かと首を長くして待っておいでたところへ、校長さんがちょっと来てくれと古賀さんにお云いるけれ、行ってみると、気の毒だが学校は金が足りんけれ、月給を上げる訳にゆかん。しかし延岡になら空いた口があって、そっちなら毎月五円余分にとれるから、お望み通りでよかろうと思うて、その手続きにしたから行くがええと云われたげな。――」「じゃ相談じゃない、命令じゃありませんか」

— posted by id at 02:56 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2953 sec.

http://ic-24.jp/