病気が病気じゃから

「でも、大分|快方《いいほう》になりましたよ。だんだん暖かくはなるし、とにかく若い者ですからな」「さあ、病気が病気じゃから、よく行けばええがの、武どん――医師《おいしゃ》の話じゃったが、浪どんの母御《かさま》も、やっぱい肺病で亡《な》くなッてじゃないかの?」「はあ、そんなことをいッてましたがね、しかし――」「この病気は親から子に伝わッてじゃないかい?」「はあ、そんな事を言いますが、しかし浪のは全く感冒《かぜ》から引き起こしたンですからね。なあに、母《おっか》さん用心次第です、伝染の、遺伝のいうですが、実際そういうほどでもないですよ。現に浪のおとっさんもあんな健康《じょうぶ》な方《かた》ですし、浪の妹――はああのお駒《こま》さんです――あれも肺のはの字もないくらいです。人間は医師《いしゃ》のいうほど弱いものじゃありません、ははははは」「いいえ、笑い事じゃあいません」と母はほとほと煙管《きせる》をはたきながら「病気のなかでもこの病気ばかいは恐ろしいもンでな、武どん。卿《おまえ》も知っとるはずじゃが、あの知事の東郷《とうごう》、な、卿《おまえ》がよくけんかをしたあの児《こ》の母御《かさま》な、どうかい、あの母《ひと》が肺病で死んでの、一昨年《おととし》の四月じゃったが、その年の暮れに、どうかい、東郷さんもやっぱい肺病で死んで、ええかい、それからあの息子《むすこ》さん――どこかの技師をしとったそうじゃがの――もやっぱい肺病でこのあいだ亡くなッた、な。みいな母御《かさま》のがうつッたのじゃ。まだこんな話が幾つもあいます。そいでわたしはの、武どん、この病気ばかいは油断がならん、油断をすれば大事じゃと思うッがの」 母は煙管をさしおきて、少し膝《ひざ》をすすめ、黙して聞きおれる武男の横顔をのぞきつつ「実はの、わたしもこの間から相談したいしたい思っ居《お》い申したが――」 少し言いよどんで、武男の顔しげしげとみつめ、「浪じゃがの――」「はあ?」 武男は顔をあげたり。

— posted by id at 02:15 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.3356 sec.

http://ic-24.jp/