潔く告白しようと思った者

「ばかを言いたまえ。潔く告白しようと思った者が、なぜ黙って別に三千円を借りようとするのだ」 膝《ひざ》を乗り出す武男が見幕の鋭きに、山木はあわてて、「これさ、若旦那、まあ、お静かに、――何か詳しい事情《わけ》はわかりませんが、高が二千や三千の金、それに御親戚であって見ると、これは御勘弁――ねエ若旦那。千々岩|君《さん》も悪い、悪いがそこをねエ若旦那。こんな事が表《おもて》ざたになって見ると、千々岩|君《さん》の立身もこれぎりになりますから。ねエ若旦那」「それだから三千円は払った、また訴訟なぞしないといっているじゃないか。――山木、君の事じゃない、控えて居たまえ、――それはしない、しかしもう今日限り絶交だ」 もはや事ここにいたりては恐るる所なしと度胸を据えし千々岩は、再び態度を嘲罵《ちょうば》にかえつ。「絶交?――別に悲しくもないが――」 武男の目は焔《ほのお》のごとくひらめきつ。「絶交はされてもかまわんが、金は出してもらうというのか。腰抜け漢《め》!」「何?」 気色立《けしきだ》つ双方の勢いに酔《え》いもいくらかさめし山木はたまり兼ねて二人《ふたり》が間に分け入り「若旦那も、千々岩|君《さん》も、ま、ま、ま、静かに、静かに、それじゃ話も何もわからん、――これさ、お待ちなさい、ま、ま、ま、お待ちなさい」としきりにあなたを縫いこなたを繕う。 押しとめられて、しばし黙然《もくねん》としたる武男は、じっと千々岩が面《おもて》を見つめ、「千々岩、もういうまい。わが輩も子供の時から君と兄弟《きょうだい》のように育って、実際才力の上からも年齢《とし》からも君を兄と思っていた。今後も互いに力になろう、わが輩も及ぶだけ君のために尽くそうと思っていた。実はこのごろまでもまさかと信じ切っていた。しかし全く君のために売られたのだ、わが輩を売るのは一個人の事だが、君はまだその上に――いやいうまい、三千円の費途は聞くまい。しかし今までのよしみに一|言《ごん》いって置くが、人の耳目は早いものだ、君は目をつけられているぞ、軍人の体面に関するような事をしたもうな。君たちは金より貴《たっと》いものはないのだから、言ったってしかたはあるまいが、ちっとあ恥を知りたまえ。じゃもう会うまい。三千円はあらためて君にくれる」

— posted by id at 01:58 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2012 sec.

http://ic-24.jp/