屈強の要害

 と婢《おんな》の呼び来たりて、お豊を抑留しつ。このひまにと武男はつと藪《やぶ》を回りて、二三十歩足早に落ち延び、ほっと息つき「困った女《やつ》だ」 とつぶやきながら、再度の来襲の恐れなき屈強の要害――座敷の方《かた》へ行きぬ。

[#5字下げ]二の二[#「二の二」は中見出し]

 日は入り、客は去りて、昼の騒ぎはただ台所の方《かた》に残れる時、羽織|袴《はかま》は脱ぎすてて、煙草《たばこ》盆をさげながら、おぼつかなき足踏みしめて、廊下伝いに奥まりたる小座敷に入り来し主人の山木、赤|禿《は》げの前額《ひたえ》の湯げも立ち上らんとするを、いとどランプの光に輝かしつつ、崩《くず》るるようにすわり、「若|旦那《だんな》も、千々岩君《ちぢわさん》も、お待たせ申して失敬でがした。はははは、今日はおかげで非常の盛会……いや若旦那はお弱い、失敬ながらお弱い、軍人に似合いませんよ。御大人《ごたいじん》なんざそれは大したものでしたよ。年は寄っても、山木兵造――なあに、一升やそこらははははは大丈夫ですて」 千々岩は黒水晶の目を山木に注ぎつ。「大分《だいぶ》ご元気ですな。山木君、もうかるでしょう?」「もうかるですとも、はははは――いやもうかるといえば」と山木は灰だらけにせし煙管《きせる》をようやく吸いつけ、一服吸いて「何です、その、今度あの○○○○が売り物に出るそうで、実は内々様子を探って見たが、先方もいろいろ困っている際だから、案外安く話が付きそうですて。事業の方は、大有望さ。追い追い内地雑居と来ると、いよいよ妙だが、いかがです若旦那、田崎君の名義でもよろしいから、二三万御奮発なすっちゃ。きっともうけさして上げますぜ」 と本性《ほんしょう》違《たが》わぬ生酔《なまえ》いの口は、酒よりもなめらかなり。千々岩は黙然と坐《ざ》しいる武男を流眸《ながしめ》に見て、「○○○○、確か青物町《あおものちょう》の。あれは一時もうかったそうじゃないか」

— posted by id at 01:56 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.4395 sec.

http://ic-24.jp/